• Profile プロフィール

    Prof.Dr.Hiroko Tadaura / 只浦 寛子

    国際医療福祉大学大学院 教授(東京赤坂キャンパス)

    博士(医学)

    東北大学大学院医学系研究科非常勤講師

    群馬大学大学院非常勤講師

     

    経歴:

    東北大学大学院医学系研究科博士前期課程・後期課程修了 .山形大学医学部看護学科卒.ヴィッテン/ ヘアデッケ大学看護科学部 客員上級研究員(ドイツ).

     

    これまで薬理生理学研究 ( in vivo, in vitro )、疫学研究のほか、約15年以上の海外臨床研究のプロジェクトを代表として複数展開してきた経験をもつ.2004年~日本およびドイツ・スイス・オーストリア・フィンランド等にて研究活動を行い,2008年ドイツに客員研究員として留学し,現在もドイツを中心に臨床研究を展開.2016年アジア・日本人として初めて世界最大規模ヨーロッパ・キネステティク協会の一員とし招待されメンバーとなる.現在、ヨーロッパ・キネステティク協会ドイツ支部・オーストリア支部のメンバーであり、オーストリアでのトレーニングコースにて研鑽したキネステティク認定トレーナー(T1修了/T2修了予定)であるほか、ヨーロッパ・キネステティク協会ドイツ・スイス・オーストリアで国際研究連携を行い、メカニズムの解明と効果の測定と特定を研究者として中立の立場から科学的に検証している.日本で初めて感覚運動看護学の応用理論のアウトカムに関する国際研究成果に関する博士論文を書いている.2017年より基盤研究A(海外学術調査)の研究代表者として大きな国際研究プロジェクトを展開している.

    研究テーマは幅広く、看護疫学、リハビリテーション看護学、看護理論実践応用、国際看護研究、看護理工学、感覚運動看護学、看護教育、倫理、ケアコンピタンスなど多岐にわたる.古典的な科学手法を用いた研究のみならず、科学を右手に、インスティンクトとスピリチュアルを左手に、その両手の中心・中道で現象を可視化し検証する新しい科学領域を世界の研究者らと開拓する研究者でもある.生命の源であり尊厳ともいえるオープンシステムとクローズドシステムのバランスを取るエネルギーのめぐりをもたらす動きと感覚の支援,相互作用の支援を必要とするいのちの輝き(Laebensqualitateレーヴェンスクオリテート)ために,教育・研究活動を行い学問の体系化・応用・普及を行っている.

    2014年IOS New scholar Award受賞 ( Self-Care Dependent-Care Nursing, International Orem Society ,USA )

     

    資格等:看護師・保健師

    ヨーロッパ・キネステティク協会・オーストリア支部・認定トレーナーT1

    ヨーロッパ・キネステティク協会・オーストリア支部・認定トレーナーT2(修了予定)

     

    研修歴ほか:

    キネステティクベーシックコース、トレーニングコース(ケアコース、クリエイティブラーニングコース)15年以上

    クォンタムタッチ

    フェルデンクライスメソッド

    柔道、合気道

    キネシオロジー

    直傳靈氣(臼井)

    バイオメカニクス(国際医療福祉大学)

    看護理工学(東京大学)

    メタ解析(東京大学)

    実践英語プログラム(東北大学大学院、英語能力選抜)

    国際機関・国際協力研修プログラム(津田塾大学、英語能力選抜)

    1)現在の地球規模の問題に対する理解 2)クリティカルシンキングスキル 3)持続可能な開発の理解 4)市民社会のより深い理解 5)英語でのコミュニケーションスキル(プレゼンテーション、作文、リスニング、スピーキングのための上級トレーニング)複数年トレーニング

    学会、セミナーの講演・研修会の医学看護専門用語の日英通訳経験

    他多数

     

     

     

    Biography

     

    Hiroko Tadaura (PhD in Medicine) is a Professor in Graduate School of Nursing and Rehabilitation Science in International University Health and Welfare Graduate School, Akasaka, Tokyo, Japan . She is also Part-time Professor in Graduate School of Medicine, Tohoku University, Miyagi, Japan. Moreover, she is also Part-time Professor in Graduate Medicine School of health sciences, Gunma University, Gunma, Japan.

    She has experience pharmacological physiology research;in vivo and in vitro for three years, epidemiology research in domestic and several overseas clinical and field research projects over about 15 years. She did study as a Guest Researcher in School of Nursing Science in University of Witten /Herdecke, Witten, Germany in 2008-2011 and a Senior Guest Researcher in School of Nursing Science in University of Witten/Herdecke, Witten, Germany in 2012-2015. She is an editorial board member in many international journals in USA and UK etc. She got a IOS New Scholar Award of Self Care Dependent Care Nursing, International Orem Society, USA in 2014.

    She is a researcher who does study using classical scientific methods.Moreover, she is also scientists who develops new scientific fields that visualizes and verifies phenomena using scientific methods in the center and the middle of both hands with science on the right hand and instinct spiritual on the left hand.She conducts educational and research activities for the life energy expanding and shining, which requires support for movement and sensation because of energy flows for body and mind to make a balance of fundamental open and close systems, which also connects the dignity of life and autonomy. She is doing educational and research activities for more than 15 years,and also systematizing, applying and disseminating academic disciplines in the world. Spiritual understandings are explained logically and scientifically due to her studies and paper writings.People realize it is true and are able to trust because of her evidences.She is making a contribution for people to understand phenomena simply and systematically,moreover her study activities help to verbalize various phenomena or experiences.

     

     

    Research Interest

    Nursing Epidemiology, Rehabilitation Nursing, Nursing Theory Practical Application, International Nursing Research, Nursing Science and Engineering, Study about Kinetic energy and its applications, Sensory Motor Nursing, Nursing Education, Care Competence

     

    Qualifications:

    - A registered nurse

    - A Public health nurse

    - European Kinaestetica Association, Austria Branch, Certified Trainer T1

    - European Kinaesthetics Association, Austria Branch, Certified Trainer T2 (scheduled to complete)

     

    Training etc.:

    - Kinaesthetics ( Care, Creative learning ) for 15 years

    - Quantum touch

    - Ferdenchris method

    - Jyudo, Aikido

    - Kinesiology

    - Reiki

    - Biomechanics (International University of Health and Welfare)

    - Nursing Science and Engineering (Tokyo University )

    - A meta-analysis (Tokyo University)

    - Practical English Program, Graduate Course in English (Tohoku University Program, Sendai) (English ability selection)

    - Global Education and Sustainable Development Program(Tsudajyuku University, Tokyo) in an English course for much years(English ability selections )

    1) An enhanced understanding of current global issues
    2) Critical thinking skills
    3) A better understanding of sustainable development
    4) A deeper understanding of civil society
    5) English communication skills( Training for Presentation, Writing, Listening,

    Speaking )

    - Translations (Japanese- English) in medical and nursing congress, seminars

     

    国際医療福祉大学大学院担当分野
    修士/博士課程:老年看護学分野、成人看護学分野、看護実践基礎・援助学分野
    http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/faculty/health_welfare/kango/staff/tadaura_hiroko.html
    http://www.iuhw.ac.jp/daigakuin/faculty/health_welfare/kango/

  • ▼所属(現会員)

    日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本がん看護学会、日本看護技術学会、日本褥瘡学会、日本糖尿病教育看護学会、日本創傷オストミー失禁ケア学会、日本看護リハビリテーション学会、日本オスラー協会、NPO法人ケア・コンピタンス協会、Member of International Orem Society(USA), International Society of Nurses “Cancer Care”(USA)​, European Kinaesthetics Association(Germany and Austria)

    ▼所属(過去会員)

    日本ストーマリハビリテーション学会、日本糖尿病学会、日本宇宙生物科学学会、日本キネステティク研究会、生活習慣病認知行動療法研究会、日本褥瘡学会東北地方会、糖尿病療養指導と患者QOLの向上を考える会(伊達な会、iの会)、運動療法研究会、臨床歩行分析研究会、宮城県糖尿病看護研究会

    ▼委員等

    平成16年10月 宮城県糖尿病看護研究会(世話人)(平成27年3月まで)
    平成17年4月 第8回日本褥瘡学会 運営委員(平成17年4月まで)
    平成17年4月 宮城県糖尿病QOL研究会 伊達な会(世話人)(平成26年3月まで)
    平成17年12月 第1回日本褥瘡学会東北地方会 事務局(平成17年12月まで)
    平成19年10月 日本キネステティク研究会(世話人、幹事長)(平成28年3月まで)
    平成21年12月 宮城県糖尿病QOL研究会 iの会(代表世話人)(平成26年3月まで)
    平成22年4月 NPO法人ケア・コンピタンス協会準備室(平成26年12月まで)
    平成22年7月 第7回日本褥瘡学会東北地方会学術集会・運営委員(平成22年7月まで)
    平成23年4月 International Orem Society査読協力研究者(平成25年3月まで)
    平成23年9月 第1回宮城県重症化予防糖尿病フットケア研修会・運営委員(平成23年9月まで)
    平成23年10月 第8回日本循環器看護学会学術集会・運営委員(平成23年10月まで)
    平成23年10月 みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会システム構築部会委員及び看護運営委員(平成26年3月まで)
    平成23年12月 第4回日本キネステティク研究会・震災復興チャリティ運営委員(平成23年12月まで)
    平成24年6月 日本糖尿病教育看護学会専任査読者(現在に至る)
    平成24年8月 日本看護学教育学会第23回学術集会・運営委員(平成24年8月まで)
    平成26年日本看護系大学協議会JANPU広報・出版委員(平成28年3月まで)
    平成27年第17回日本褥瘡学会学術集会プログラム委員(平成26年8月まで)
    平成27年1月 NPO法人ケア・コンピタンス協会・理事(現在に至る)

    平成28年4月~日本創傷オストミー失禁ケア学会編集委員(現在に至る)

    平成29年4月~日本創傷オストミー失禁ケア学会評議員(現在に至る)

    平成29年6月~The Editorial Board Member for SciFed Journal of Emergency Medicine(現在に至る)

    平成29年6月~ The Editorial Board member for Journal of Comprehensive Nursing Research and Care(現在に至る)

    平成29年7月~ The Editorial Associate Board Member for Examines in Physical Medicine&Rehabilitation (現在に至る)

    平成30年3月~Associate Editorial board for Lupine Online Journal of Nursing & Health care (LOJNHC).(現在に至る)

    平成30年6月~ The Editorial Board member for COJ Technical & Scientific Research (COJTS)(現在に至る)

    平成30年6月~ The Editorial Board member for Integrative Journal of Conference Proceedings supported by Crimson Publishers, USA(現在に至る)

  • Mission

    Power of Carpe diem-Autonomy

    This is a magazine report about an interview for Prof.Dr.Hiroko Tadaura in LQ, Europe.

    You can download to know her mission.

    Now German version is available.

    ヨーロッパLQ誌に掲載された只浦寛子教授のインタビュー記事がダウンロードいただけます。ご自身のこれまでの経験とCarpe diemやAutonomyにリンクする鍵、自由といのちの関係、キネステティクとは何なのか、研究的探究を継続してきた真の理由についてお話しされています。

    うさぎの話しが鍵になっています。

    現在、ドイツ語のみお読みいただけます。